赤飯とおこわの違いは?超簡単にわかる3つのポイント

スポンサーリンク

最近ではコンビニでも赤飯が売られるようになって、
赤飯好きの私にとっては嬉しい限りなんですよ(*^^)v

 

中でもセブンイレブンで売っている
「もっちもち赤飯おこわ」がお気に入り。

ある時ふと思ったんですよ。
この商品はネーミングに「赤飯おこわ」とありますが、
私の中ではどう見ても赤飯なのです。

「赤飯おこわって、赤飯?おこわ?どっちやねん!」
って思わずツッコんでしまいました。

 

 

赤飯とおこわの違いって何なのでしょうね?

 

見た目?方言?なにかと違いがありそうですね。

 

 

そこで今回は、赤飯とおこわの違いについて

  • 意味の違いは?
  • 歴史、由来、用途の違いは?
  • 地方によって違うの?

 

という流れを見て行きましょう!

 

 

赤飯とおこわの違いをバッチリ理解して、
同じ疑問を持つ友達に、ドヤ顔で教えてあげてくださいね~♪

 

 

それでは参りましょう!

 

 

意味の違いは?

 

おこわの意味とは?

 

おこわは漢字で「御強」と書きます。

正式には強飯(こわめし)と言って、
丁寧語の「お」がついて、「おこわ」となりました。

昔は「かたい」ことを「こわい」と言ってたんですよ。

 

こわいごはんだから、強飯なんですね。

 

 

もともと、もち米を蒸したものがおこわでした。

おこわという言葉は、広い意味で使われていたようですね。

 

 

赤飯の意味とは?

 

赤飯とは文字通り、赤い色のごはんです。

もち米に小豆を混ぜて炊くので、赤い色になるんですね。

辞書で調べると、赤飯はおこわの一種とあります。

 

もともとの意味だけ考えると、
赤飯はおこわに含まれるということですね。

 

 

下の図のようなイメージです!

 

赤飯とおこわの意味

 

 

なので、意味の違いを考えると、
「赤飯はおこわであって、おこわは赤飯ではない」
と言えますね。

 

 

歴史、由来、用途の違いは?

 

昔、おこわに使うもち米は非常に高価なものでした。

民衆は、めったに食べることが出来なかったのですね。

 

 

日本の風習にハレの日という考え方があります。

「ハレ」とは「いつもと違う」という意味があって、
お正月や、お祭り、お祝い事などはハレの日の例なんですよ。

 

そんなハレの日には、めったに食べることが出来ないおこわを、
いつしか食べるようになったんですね。

 

 

一方、赤飯がハレの日に振る舞われるのは
おこわと同様です。

しかし、赤飯には違う意味があるんですよ。

昔は、赤い色には邪気を祓う力があると考えられていたようです。

 

現在でも、おめでたい日に赤飯が出てくるのは、
これに由来しているのですね。

 

 

そういった歴史があって、赤飯とおこわの使い道
だんだんと変わってきたようです。

 

赤飯が主に吉事に使用されるのに対して、
おこわは

  • 栗おこわ
  • 山菜おこわ
  • 五目おこわ

など、季節の変わり目を楽しむためのごちそうとして
使用されてきました。

 

いろんな具を代えて楽しむおこわって
ホントにおいしいですもんね~♪

 

 

地方によって違うの?

 

最初は私も、赤飯が標準語で、おこわが方言だと
思っていました。

私は関西在住ですが、子どもの頃におばあちゃんが
「今日はおいしいおこわ作ったろか~」って、
よく言ってくれたんですね。

 

てっきり山菜おこわのようなものが出てくると
期待するじゃないですか!

 

でも出てきたのは、赤飯だったんですよ。

「それやったら、おこわって言わんと、最初から赤飯ってゆうてぇや~(;_;)」と
よく思ったものです。

 

赤飯も好きやからええねんけどね!

 

 

この勘違いがあって、よくよく調べてみたら、
実はおばあちゃんは正しかったのです!

 

 

確かに、明治時代くらいまで

  • おこわはもち米を炊いたもの
  • 赤飯はもち米に小豆を入れて炊いたもの

 

と区別していたようです。

 

それがいつしか、赤飯もおこわと言うようになったのです。

しかも、おこわという言葉は全国的に使われているようですよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

最初は全然違うものと思っていた、赤飯とおこわ。

意外と微妙な違いだったんですね。

 

 

意味や、用途を考えると、赤飯とおこわは違うものでした。
でも最近では、赤飯=おこわでもOKのような風潮のようです。

 

 

もし使い分けるなら、〇〇おこわのように、
頭に具の名前を入れて使い分けましょう。

 

 

冒頭のコンビニ商品である「赤飯おこわ」は、
あながち間違いではなかったんですね~

 

 

あなたはどう思いますか?

コメントしていただけると嬉しいです!

  1. 匿名 より:

    もう60年以上前に赤飯は普通のお米と小豆を炊いたもので、オコワはもち米を蒸した物で使い分けてた様に覚えています。
    地方でしたのて、お伊勢参りの講が毎月集まっては赤飯を炊いてました。又、祝い事にはオコワご飯でした。

    • ゆのペン太 より:

      匿名さん。貴重な情報をありがとうございます。

      そうですね。
      おこわに限らず文化って、地方によって違うことが多いですね。

      一概にコレっていう線引きは難しいかもしれませんね。

    • 我妻 より:

      私の住まいするところはお祝い事があると必ず赤飯を作りますよ宮城県東松島市では