ボーリングのカーブ!投げ方のコツは?初心者でも簡単に!

スポーツ

ボーリングってみんなでワイワイ言いながら
するのが楽しいですよね!

スポンサーリンク

 

 

中でもカーブを投げてる人を見たら
「おお!スゲーッ」って見入ってしまいます。

 

 

「どうやったら投げられるんだろう?」って当然思いますよね。

安心してください!

 

 

カーブを投げるだけなら初心者のあなたでも
意外と簡単に投げることができるのです。

ハイスコアが出るとは限らないですが・・・

 

 

で、今回は

  • カーブがかかる原理
  • カーブの投げ方(親指なし)
  • カーブの投げ方(親指あり)

 

こんな感じでカーブを簡単に投げるコツ
ボーリング場でインストラクターをしてきた私が伝授しますよ!

 

 

これをマスターして彼女に少しカッコイイ所を見せてくださいね!

スポンサーリンク

カーブがかかる原理

 

カーブがかかる原理が分かれば、闇雲に投げるより
早くカーブを投げられるようになります。

ちょうどわかりやすい動画があったのでまず見てみましょう!

 

 

 

ボールが曲がる理由には
レーンに塗られているオイルが大きく関係していることがわかりました。

 

 

ということは、ボールに回転を掛ければ掛けるほど
大きくカーブするのです。

 

 

オイルがある所ではボールは滑っていき、
オイルが切れている所でボールに掛かった横回転が強くなってきて、
ボールが曲がるというわけですね。

 

 

ではボールにどうやったら回転を掛けられるのでしょうか?

親指なしの場合と親指ありの場合で
投げ方が変わってきますので順番に見て行きましょう!

 

Advertisements

 

カーブの投げ方(親指なし)

 

まず初心者が簡単にカーブを投げるなら親指なしを覚えましょう!

1ゲーム程練習すればだれでもできるようになりますよ。

 

 

  1. ボールの中指と薬指の穴が第一関節くらいまで入る
    なるべく軽いボールを選ぶ。
  2. 中指と薬指だけ入れて親指は入れない。
  3. ほとんど助走はいらないので、ファールラインの2,3歩手前に立つ。
  4. ボールを落とさないように前に出す(※1)。
  5. ボールを後にスイングすると落としそうになるので、
    肘を曲げて落とさないようにそのまま投げる。

 

 

コツ

  • 前にスイングをスタートする時、両手を使えば落としにくい。(※1)
  • 徐々に投げる感覚が分かってくると、助走ができるようになります。

 

 

 

カーブの投げ方(親指あり)

 

親指なしの感覚がつかめれば、同じ要領で今度は親指を入れてみましょう!

中指と薬指がギリギリの大きさであれば
大抵の場合親指が入らないと思います。

 

なので、今度は親指がギリギリの大きさの軽めのボールを選びましょう。

 

 

投げ方は親指なしと同様に投げます。

ただ、親指を入れると持ちやすくなるので
力いっぱいスイングをしてしまいがちになります。

 

 

力を入れると親指が抜けにくくなって、カーブがかかりません。

 

 

親指なしの時の感覚を思い出してみてください。

手首が外側に折れないように肘を上手に使えば、
親指が先に抜けて手のひらを「ゴロン」と転がるような感覚がつかめてきます。

 

 

そうすれば勝手に中指と薬指にボールが引っかかるので
回転をかけることができますよ!

 

 

原理のところでも言いましたが、レーンにはオイルが塗られているので、
ちゃんと回転がかからなければ、まったくボールは曲がりません。

 

 

親指ありのカーブは初心者にはおそらく難しいと思われます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

カーブを投げるコツについて話してきましたが、
おそらくコントロールは難しいです。

 

 

初心者のあなたにボーリングを好きになってほしいので、
敢えて言わせていただきます。

ボーリングは正しくは”ボウリング”と表記されるので
これを機に覚えてくださいね。

 

 

そしてカーブはボウリングではほとんど使わずに、一般的には”フック”といいます。

 

 

ハウスボールは構造上曲がらないように作られているので、
無理に曲げようとする今回の投げ方は、実は上達するのに遠回りかもしれません。

 

 

でも、スコアはどうであれ、曲げることが楽しいのであればそれも良いと思います。

 

 

ボウリングが好きになってくれたあなたには、
ぜひ上達して夢の200アップを目指していただきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントしていただけると嬉しいです!

  1. 匿名 says:

    ありがと

  2. 匿名 says:

    ボーリングでなくボウリングです。

    • ゆのペン太 says:

      記事中にもあるように、ボウリングをボーリングだと思っている初心者さんに向けて書いた記事なので、ご理解ください。
      ご指摘ありがとうございます。