変化球”ツーシーム”の投げ方とは?フォーシームって?握り方のコツは?

スポーツ

野球の変化球の種類で”ツーシーム”というのをご存知ですか?

スポンサーリンク

プロの選手で使ってる人も多く、

有名な変化球の一つですね。

”ツーシーム”は一般的な変化球とは違い、

ストレートを変化させたもの。

メジャー選手の投げるストレートは、

ストレートが微妙に動くといいますが、

その多くはツーシームを投げていると言われています。

このツーシーム、実は投げるのはちょっとコツがいるんです。

スポンサーリンク

ツーシームの握り方は?

ツーシームとストレートの違いは握り方のみなんです。

握り方といっても指の形も全く同じ。

違う所は、縫い目に指をかけるのか、それとも添えるのかだけ。

ストレートの場合は縫い目にボールをかけますが、

ツーシームの場合縫い目に指を沿えます

ツーシーム 握り方 投げ方

↑右がツーシーム、左がストレートの握り方

ツーシームはストレートと同じ軌道で微妙に

シュート、スライダー変化するボールと言われています。

変化は少ないので、打者の透かしを狙う変化球ではありません。

ストレート狙いの打者に対して、

芯を少しずらすという効果があります。


ツーシームの投げ方は?

投げ方は基本的にストレートと変わりません

いつもどおり、スピードのある投げ方でも大丈夫です。

ストレートと同じように投げても変化するので、

スゴイ球種ですよね~

ツーシーム 投げ方

フォーシームの違いとは?

ツーシームと同じような名前の変化球で

フォーシーム”というものがあります。

このフォーシームとは一体なんなのでしょうか?

その前に説明しておきたいのが”シーム”という言葉の意味。

”シーム”というのはボールの縫い目のことなんです。

投げるとボールは回転しますよね。

ツーシームというのはその回転中に

縫い目が2本の部分を軸にして回転させる投げ方のこと。

分かりやすくいうとボールが一回転するうちに

縫い目の空気抵抗が2回しかないということです。

なので、打者の手元でちょっと曲がったりするんですね。

 

つまりフォーシームは、一回の回転で4回空気抵抗が起きるいうことです。

フォーシームは変化しない球なんです。

つまりストレートのことですね(^_^)/~

ストレートは、フォーシームとも呼ぶことができるわけです。

ツーシーム 投げ方

ツーシーム参考動画

ツーシームを投げてる動画↓




この動画はヤンキースの、

黒田博樹選手が投げてるツーシームですね。

打者の人がのけぞっていて、スゴイ球というのが分かる動画ですね。

こちらは日本でも有名な、

ダルビッシュ有選手のツーシームですね。

こちらも鋭くてすごいボールですね。

 

これらの動画のような鋭いボールは中々投げることができませんが、

挑戦できる人は試してみてはどうでしょうか(^O^)/~~~

スポンサーリンク

コメントしていただけると嬉しいです!