山本征治のwikiプロフや年収!結婚した妻や子供はいる?修行先はどこ?

山本征治さんは、日本料理に対する信念が揺らがず、そして周りを感動させるほどの料理人です。

最近ではコロナ影響下でも、自身が経営する日本料理店龍吟のデリバリーを始めたことで話題を集めました。

そんな山本征治さんですが、これまでの経歴年収が気になりますよね。

どれくらいなんでしょうか?

また結婚もされていて、子供さんもいらっしゃるんでしょうか?

そこで今回は、

  • 山本征治のwiki風プロフィール
  • 山本征治の年収は?
  • 山本征治の結婚した妻や子供はいる?
  • 山本征治の修行先はどこ?

このあたりのことを詳しくご紹介します。

また記事の後半では山本征治さんの魅力がよくわかる動画もご紹介しますので、お楽しみに。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

 山本征治のwiki風プロフィール

 

まずは山本征治さんのプロフィールです。

 

生年月日:1970年6月

出身地:香川県

四国調理師専門学校を卒業後、2003年に六本木にある日本料理店 龍吟を開店します。

以後、世界各地に飛び回り、料理の技術を発表し続けています。

2012年に香港に天空龍吟という支店をオープンさせています。

ミシュランガイドでは7年連続で三ツ星を獲得。

2018年には世界のベストレストラン50で41位にランクイン。

また世界のシェフ100人では4年連続の世界トップテン入りを果たしています。

 

 

次に山本征治さんが営む日本料理店龍吟の詳細です。

 

電話:03-6630-0007

住所:東京都千代田区有楽町1-1-2東京ミッドタウン日比谷7階

アクセス:東京メトロ千代田線日比谷駅

営業時間:17時30分から23時 ラストオーダーが20時

 

こんな経歴を持つ山本征治さんですが、その人生での料理に対する姿勢が素晴らしいと思いました。

詳しくは後ほどお話します。

「料理とは、人生のすべて」と豪語する、山本征治さんについてもう少し深掘っていきましょう。

 

スポンサーリンク

山本征治の年収は?

年収

 

山本征治さんの年収について気になりませんか?

一体どれほど儲かっているのでしょうか?

 

まず考え方として、一般的な飲食店経営者の年収を年商の10%だとします。

そして日本料理店龍吟の年商を考える必要がありますね。

 

ちなみに飲食店経営者の平均年収は627万円と言われています。

また、店舗経営者となると平均年収が940万円だそうです。

山本征治さんの場合、龍吟の客単価が20000円以上するでしょうから、座席数30~40だとして、よそうすると、1日の売上がが80万円から100万円となります。

これから年商にすると、ざっと3億円。

また2店舗経営だと6億円。

単純にその10%とすれば、少なくとも5000万から6000万の年収だと考えられます。

 

これだけの経歴を持っていらっしゃる山本征治さんなので、当然といえば当然の数字ですよね。

 

スポンサーリンク

山本征治の結婚した妻や子供はいる?

家族

 

こんなお金持ちの山本征治さんなので、結婚して子供もいらっしゃるのではと思いませんか?

いろいろ調べたんですが、ご家族のことを話題にしていることがなくて、詳細がわかりませんでした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Agnes Chee謝嫣薇(@yanwei525)がシェアした投稿

山本征治さんはご存知の通り、超多忙な方なので、もしかすると独身でいらっしゃるのかもしれません。

インスタグラムに上がっている写真などを見ても指輪の類、女性を匂わせる形跡もありませんしね。

詳細はわかり次第こちらのお届けしていきます

スポンサーリンク

山本征治の修行先はどこ?奥田透との関係は?

 

これだけの素晴らしい経歴の持ち主である山本征治さんです。

修行先はどこなのかも気になりますね。

 

プロフィールにもありましたが、山本征治さんは四国調理師専門学校で料理を学んでいます。

その後、香川県内の料亭やホテルに就職して、21歳のときに料亭青柳に入社しています。

 

この青柳の店主、小山裕久さんのもとでイチから料理を学びます。

料理に対する考え方や食材の扱い方、海外での日本料理の提供など、多くのことを学びます。

この青柳では11年間の修行生活だったそうです。

 

子供の頃より料理が大好きで、遊ぶことよりも料理をしている時間の方が長かったようです。

ある日、家庭科の授業で学んだ肉じゃがをお母様に食べてもらいました。

母の「美味しい」の一言が嬉しくて、ますます料理に打ち込むようになります。

 

その後、運命の人青柳の店主である小山さんの本に出会います。

修行にあたり、最初は直談判でお願いしたそうですが、断られます。

再度の手紙と履歴書で、ようやく許可を得ます。

 

山本征治さんの料理人としての生きざまが、この青柳の修行中に培われたと言っても過言ではないですね。

 

そんな山本征治さん、現在の思いを受け継ぐ料理人の後継者を育てる活動をされているのにも訳があったということです。

今では積極的に海外からも弟子をとっています。

日本料理といえど今後は英語がスタンダードになってくるとの考えです。

 

山本征治さんの凄まじいエピソードでしたね。

 

人一倍の負けず嫌いな性格が日本を代表する料理人にさせたのでしょう。

 

次にNHKのふたりという番組で紹介されていたのですが、奥田透さんという弟弟子がいました。

兄弟弟子であり、究極のライバルであるこの奥田透さんも、山本征治さんに負けず劣らず、すごい方なんですよ。

ミシュランガイドでは3年連続三つ星を獲得。

修行時代、奥田透さんは山本征治さんの下宿先に通いつめていたそうです。

料理についての談義は尽きることがなかったそうです。

 

こんなライバルである奥田透さんの存在も、山本征治さんの修行時代には、大きな影響を与えたのではないでしょうか。

 

それではおまたせしました。

山本征治の魅力がよくわかる動画をご紹介します。

山本征治さんの料理に対する姿勢に心を打たれますよ。

 

 

スポンサーリンク

さいごに

「努力は人を裏切らない」ということを改めて感じさせてくれる、今回フィーチャーした山本征治さんでした。

いかがでしたか?

  • 山本征治のwiki風プロフィール
  • 山本征治の年収は?
  • 山本征治の結婚した妻や子供はいる?
  • 山本征治の修行先はどこ?

これらのテーマについて掘り下げてきました。

素晴らしい方の経歴やエピソードを調べていくと、自分ごととして、これからの行動の糧になる気がします。

一度でいいから、龍吟の料理を食べてみたいなぁと率直に思いました。

今後の山本征治さんの活躍に注目ですね。

 

コメントしていただけると嬉しいです!