中学生

付き合うきっかけランキング中学生編!告白はホントに必要なの?

「好きな人と付き合い始める時って、どんなきっかけなんだろう?」

 

こんなふうに思ってるってことは、ひょっとしてあなたも”男女交際デビュー!”直前なんですか?!

実際に中学生から付き合い始めるって子は本当に多いです。

 

でも、あなたは今までに異性と付き合ったことがありません(;O;)

だから付き合うきっかけってどんなもの?」っていう疑問がなおさら気になっちゃいますよね?

 

付き合うきっかけで、誰でも簡単にイメージできるものといえば、やっぱり「告白」です。

確かにわかりやすいので、告白すること自体はまったくOK!

 

しかし告白以外にも、付き合うきっかけは当然あリます。

むしろ「告白以外のきっかけの方が、交際が長続きするかもしれない」と言ったら、あなたはどんなものか知りたいと思いませんか?

 

そこで今回は、あなたが知りたい「付き合うまでのこと」について・・・

  • 中学生の付き合うきっかけランキング
  • きっかけが違うと付き合い方も変わるの?

 

の順で詳しくお伝えしていきますね。

 

最後まで読んでいただければ、付き合うまでの不安な気持ちもスッキリ晴れて、自信を持って好きな人にアプローチできるようになりますよ。

それでは参りましょう(^^)/

 

 

中学生の付き合うきっかけランキング

 

まずは軽く、お付き合いが始まるきっかけには、どんなものがあるのかを知っておきましょう!

 

というのも、私は当ブログで、普段から中学生たちとコミュニケーションをとらせていただいてるんですね。

そのやり取りの中から「これは!」と感じたものをピックアップして、ランキング形式にしてみました。

 

第3位:困ったときに助けてくれた

最初はお互いにまったく意識していなかったけど、困った時に助けてくれて恋が始まるパターン。

どんなものかというと、例えば・・・

  • 消しゴムや教科書など、忘れ物をした時に何も言わずに貸してくれた
  • 雨で学校から帰れなくて玄関前でたたずんでいると傘を貸してくれた
  • 重い荷物を運んでいる時に手伝ってくれた

こんなシチュエーションですね。

 

このパターンは、相手のことを意識していなければいないほど、突然に胸がキュンとなります。

また意中の人を振り向かせるために、さりげなくこの方法を使うという場合もあるんですよ。

 

偶然にせよ意図的にせよ、どちらにしても、あなたが周りの人に優しく気配りできていれば、付き合うきっかけが増えるということですね!

 

 

第2位:同じ○○

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、自分と共通点が多い人とは仲良くなりやすいですよね?

そんな心理状態から恋が始まるパターン。

 

例えば、あなたもこんな経験はありませんか?

  • クラス替えで友達がいなくて寂しかったけど、同様に寂しそうにしている子と、なぜか最初に友だちになれた
  • ネットゲームで、まったく知らない人でも住んでいる所が近いというだけで、妙な親近感を感じた

などなど。

 

こういった状態は、難しい言葉では「類似性の法則」って言うんだけど、当然恋愛にも当てはまるんですね。

例えば・・・

  • 同じ部活
  • 同じ委員会
  • 通学のバスが同じ
  • 同じ塾で志望校も同じ

っていう男女が、いつの間にかカップルになっていた!なんていうパターン。

 

実はこれも意図的にやれば、恋愛テクニックになるんです!

でも「あの人とは自然に同じ境遇だった」というのが、なによりも理想ですね!

 

 

第1位:いきなり告白

中学生ならではの付き合うきっかけといえばコレ!

なぜかこのパターンが多いんです。

 

というのは中学生くらいの年頃は、異性に目覚めたり、恋愛に興味を持ち始める時期です。

ほとんどが男女交際の経験がないので、告白が先になっちゃうのは、ある意味仕方のないことなんですね。

お互いどんな人なのか知らない内に付き合ってしまうから、長続きしにくいことも事実。

たとえ相手のことが好きだと思っていても、本当は恋愛に対する興味だけだった・・・
なんてことも大いにあります。

 

でもこういった恋愛経験を重ねて学ぶことも多いので、中学生のうちならまったくOKなんですよ。

 

さてここまでで、中学生の付き合うきっかけには、どんなパターンがあるのかを見てきました。

でもあなたはもしかしたらこんなことを思っていませんか?

「付き合うためにわかりやすいのはやっぱり”告白”なんだけど、”告白”って絶対必要なの?」
「同じ付き合うんだったら、できるだけ長続きする方がいいよね?」
ってね。

 

確かに付き合った経験がなければ気になるところではありますね。

 

そこで次の章では、「付き合うきっかけ」が、「付き合う期間」「告白の有無」とどう関係しているのかを見ていきましょう!

 

 

きっかけが違うと付き合い方も変わるの?

 

中学生のカップルを見ていると、次に挙げる4つのパターンを経て付き合うようになっていると感じます。

 

付き合うまでの4パターン

 

1:お互いが一目惚れ(一目惚れ)

 

初めて出会った瞬間に、お互いの好きなタイプにバッチリはまるパターン。
その時、相手に運命を感じる。
しかし、まだ見た目だけで好きになっている状態。
これが人間性までひかれあうようになると(本当の運命の出会いだと)長続きする。
しかしそもそも一目惚れ同士なので、そこまでうまくいくのはまれである。

 

2:偶然の出会いから紆余曲折を経る(純愛王道)

 

王道の純愛パターン。
最初はお互いにまったく恋愛対象外
ケンカ、逆境、困難を共に乗り越えていくうちに、お互い特別な存在だと認識する。
いつしか、かけがえのない存在同士になっている。

 

3:告白されてなんとなく好きになる(告白先行)

 

一方的にメールLINEなどで、好きだとアピールされ続けているうちに、だんだん好きになるパターン。
毎日「幸せにするから」「ずっと守りたい」など、耳ざわりのいい言葉を聞いていると、嬉しいのでつい付き合ってしまう。
うまくいく場合もあるが、妥協だと結構モロい

 

4:恋愛に対する興味だけ(興味先行)

 

「本当に相手のことが好き」というよりは、恋愛に対する興味だけで付き合うパターン。
彼氏・彼女がいることが友達の中でのステータスになり得るので、とりあえず付き合っている。
また、「押して引く」などの駆け引きを楽しむ、いわゆる恋愛ゲームのような感覚。
告白してOKをもらった途端に冷めてしまうことも。

 

今のあなたにはどれが当てはまりそうですか?
またどのパターンが理想ですか?

 

そして次に、どのパターンが、その後長続きするのかを表で見てみましょう!

 

告白あり・なし長続きする可能性
一目惚れあり・なし両方
純愛王道あり・なし両方
告白先行あり
興味先行あり×

 

 

告白は必要なの?

 

中学生のうちは恋愛経験も少ないので、告白することが重要だと考えがちです。

 

しかし先のでも確認したように、お付き合いが長続きするのに、告白は重要な要素ではありませんでした。

 

付き合うきっかけが告白になっちゃうと、そこから先が進みにくいんですね。

告白より、それ以前の人間性を確かめ合えるようなきっかけの方が、お付き合いする上で実は重要なんです。

付き合うまでに人間関係さえできていれば、告白はあってもなくても、きっとうまくいくでしょう。

 

まあでも、告白という一大イベントは、後々いい思い出にもなるので、ぜひやってみてください!

相手がどうしたら喜んでくれるのかを理解する練習にもなりますよ。

 

付き合うきっかけに告白は必要か

 

さいごに

 

こうしてあらためて見てみると、付き合うまでにはいろんなキッカケがあるんですね。

筋書き通りに行かないのが恋愛のおもしろいところでもあります。

 

そして告白することは、付き合うためにそれほど重要ではないこともわかりました。

さり気ないきっかけ作りの積み重ねが、長く良いお付き合いをするために大事なんですね!

 

最初は難しいかもしれません。

でも簡単にできることから始めて、時には強気に振り向かせるくらいのサインを送るのがコツですよ。

 

これからあなたは好きな人ときっと付き合えるでしょう。

でも付き合ったら何をしたらいいのか?が難しくてわからないかもしれません。

そんな時はこの記事を読んで、心の準備をしておきましょう!

参考記事
⇒ 「付き合う」の意味!中学生なら何するの?両思いとの違いは?

 

今あなたの迷いが晴れて、好きな人と幸せに付き合えることを願っています!

-中学生