違いは?

アボカドとアボガドの違いは?どっちが正しいの?

アボカドアボガド
どっちか迷ってしまうのには、こんな理由があったんです・・・

 

 

アボカド美味しいですよね~♪私は大好きです。
ワサビ醤油で食べたり、サラダや寿司などでエビとのコンビが絶妙でーす(^^)v

 

 

先日、スーパーにアボカドを買いに行ったんですよ。
売り場にはアボガドと表記されているのを見て、
「アボカドとは違うもの?」
とふと疑問に思ってしまいました。

 

まぁ見た目は一緒だし、単なる書き間違いであろうということで、
そのアボガドなるものを買いました。

レシートにも、しっかりアボガドって書かれてあったのには
少し参っちゃったんですけどね。

 

 

シニアの方たちがアボガドと言っているのをよく耳にします。

 

 

あなたもアボカドとアボガドのどっち正しいのか、
迷ってしまうことってありませんか?

 

 

そこで今回は、

  • アボカドとアボガドの違いは?どっちが正しいの?
  • アボカドとアボガド!迷う理由とは?
  • アボカドとアボガド!どっちか検証してみた

 

の順であなたの迷いを解消しますよー♪

 

 

これを読むと、どっちが正しいか迷わなくて済むようになり、
家族や友人にも教えてあげられるようになります。

 

 

それでは参りましょう!

 

 

アボカドとアボガドの違いは?どっちが正しいの?

 

結論から言いますと、アボカドとアボガドの違いはありません。

 

では、どっちが正しいのでしょうか?

 

 

これを考えるときに、とても分かりやすい方法があるんですよ!

それは・・・

 

 

迷ったら英語を思い出すようにしよう!
です。

 

 

アボカドは英語で書いてみると、
”Avocado”となります。

 

カタカナではややこしかったのに、英語で綴るとスッキリします

 

正解はアボカドだったんですね(゚д゚)!

 

 

アボカドとアボガド!迷う理由とは?

 

ここまでで、アボカドが正しいということがわかりました。

 

では、なぜこんなに迷うようになったのでしょうか?

 

理由は2つあります!

 

  1. 日本でアボカドと呼ばれるようになった歴史が浅い
  2. アボガドの方が言いやすい

 

です。

これらの理由を順に見て行きましょう。

 

 

日本でアボカドと呼ばれるようになった歴史が浅い

 

アボカドは暖かい場所で栽培されるので、
日本ではあまり生産されていません。

 

お店で並んでいるほとんどのアボカドは、輸入されたものなんですよ!

で、実際に日本で食卓に並ぶようになったのは、
昭和50年代だと言われています。

 

 

それまで、アボカドは鰐梨(ワニナシ)と呼ばれていました。

アボカドの皮の模様が、ワニの皮の模様に似ていることから、
そう呼ばれていたんですね。

 

 

アボカドと呼ばれるようになって、まだ40年ほどしか経っていないので、
年配の人たちには、なかなか定着しづらかったということなんです。

 

 

アボガドの方が言いやすい

 

試してみれば分かるのですが、
アボカドとアボガド、あなたはどっちが言いやすいですか?

 

 

「かきくけこ」の発音って、喉の奥の方を響かせるので、
濁点や半濁点からつないだり、つなげたりするのは難しいですよね!

 

例えば、動物の”アルパカ”を10回連続で言ってみてください。

息が上がってしまいそうになりませんか(笑)

 

 

こういった理由で、断然アボガドの方が言いやすいですよね。

 

調べてみると、アボカドが正しいのはわかっていても、
アボガドの方が言いやすいので、日本語では
アボガドでも通用しているというのが現状です。

 

 

では、どれくらいアボガドが使われているのでしょうか?

これを見れば、アボガド派のあなたも少し安心するかもしれません。

 

 

アボカドとアボガド!どっちか検証してみた

 

実際にどれだけ使われているかを調べるために、
インターネットで検索してみました。

 

まず、大手検索サイトのヤフーで、”アボカド””アボガド”を入力してみると・・・

 

 

ヤフーで検索してみた(上:アボカド、下:アボガド)
アボカドとアボガドの検索結果

 

圧倒的に、正しいアボカドの件数が多いことに少し安心しました(^o^)

 

 

正しくアボカドと表記されているサイトが多いようですね。

 

 

次に、実際に検索されているのはどっちかを調べてみました。

Googleトレンドというサイトで比較してみたところ・・・

 

 

グーグルトレンドで比較してみた
アボカドとアボガドの検索需要

 

青のグラフが”アボカド”で、赤のグラフが”アボガド”です。

これも、ここ数年では、圧倒的に、
正しく”アボカド”と検索されているようです。
(グラフの右の方の差に注目)

 

 

でも注目すべきは、
過去(2004年~2005年)に、アボカドよりもアボガドの方が、
多くの検索需要があったという事実です。

 

そう言われてみれば確かに、10年ほど前までは、
私もアボガドと言っていたような気がします。

少しややこしいですけど、面白いですね!

 

 

さいごに

 

アボカドとアボガドのどっちが正しいのか、
スッキリしていただけましたか?

 

 

アボガドの他にも「アドガボ」とか「アボガト」とかにも
間違えられるのが、これまた面白いです。

 

 

また、年配の人に、言い間違いが多いのは、
往年の名優、ハンフリーボガートの名前が頭に残っているからかもしれませんねWw

 

 

アボカドは、良い脂肪とされている不飽和脂肪酸が含まれていて、
すごく健康にも良いんですって!

 

 

ちなみに、アボカドって野菜か果物かどっちかわかりますか?

 

わからない!って言うあなたは、こちらの記事も為になりますよ~♪
野菜と果物の違いは?いちご・アボカド・スイカはどっち?
 

これからは私たちもアボガド・・じゃなかった、
アボカドをたくさん食べましょう!!

-違いは?